診察結果

ワンちゃんネコちゃんに腫瘍が見つかり 放射線治療が有効な場合 
きっと 三重県の南動物病院 という名前があがります。


私は同じ三重県に住んでいましたが 「遠くの存在の病院」でした。

4シュナとも病気で病院へ行くのは数回で
ジャックなんかは7年で乳歯の抜歯1回とおた○の腫れで1回診察という健康優良児でした。
りんはあゆに噛まれて治療・・・なんてこともありますが(ーー;)

だから南動物病院はなんとなく知っているけど実際は有名だけどどんな病院?でした。


だから 少しでも腫瘍治療で悩んでいる方の参考になればと思いできる限りの事は公開していこうと思っています。

高度医療の病院なのでとても敷居が高いイメージを勝手に持っていたのですが
見た目普通の動物病院です。
裏側には大きな施設がありそこで放射線治療をしているようです。

先生は毎日5~9人くらい見えて南先生は1週間に4日ほど三重県にいるようです。
(待合室のボードに1週間の予定が張ってあります)
診察室は待合室から見える限り4つ。
担当の先生が直接ジャックを抱っこしてきてくれます。

南先生に実際のお会いしたのはCT画像を見ながら診断してもらったときだけです。
その後からは担当医の先生が治療をして頂いてくれます。

ジャック場合・・・

まずかかりつけ医の先生から紹介をしてもらって検査予約。
CT検査とバイオプシー(病理検査)
体のレントゲンと血液検査はかかりつけの病院で撮影・検査し結果を持ち込みました。

CT検査は全身麻酔なので前日夜中0時で絶食開始
朝6時から絶水開始。

12時ごろ今までのジャックの状態・今からどうやって検査をするかの説明をうける。

15時過ぎまで待ち(携帯の連絡があるので病院外に出る)
その後CT画像を見て説明。 このとき南先生が説明されました。

バイオプシーの検査結果は1週間くらいかかるとのこと。

1週間分の薬(止血薬)を処方される。

腫瘍から細胞を取るため鼻血はでる。
ジャックは今まではくしゃみで出る程度だったけどこのときはダラダラ~とでてる感じが3日ほど続きました。

でも3日目からはぴたっと止まって12月12日までは鼻血はでていません。

その後11日後検査結果を送ってもらう。


実際の診断結果

ジャックちゃんの今後の治療方針についてご説明させていただきます。

ジャックちゃんの腫瘍は 腺癌 という鼻腔内にできた悪性の腫瘍でした。
鼻腔内腫瘍は局所浸潤が強いという特徴があります。まだ転移に関しては少ないですが一般的には肺や局所リンパ節に転移します。

前回のCT検査では

・左側鼻腔の尾側(中間から篩板(しばん)周囲)に液体と造影増強された腫瘍が認められました。
・鼻中融解解像は認められませんでした。
・不明瞭ながら篩板(脳と鼻腔を分ける骨)を融解するような所見が認められました。
・今回のCT検査では転移を示唆される所見は得られませんでした。


が認めれました。

篩板の融解が認められる症例では、融解を認められない症例よりも予後が悪いことが報告されています。
この鼻腔内腫瘍が進行すると今後、 痙攣発作、歩行困難等の神経症状や呼吸困難、食欲不振などの症状を引き起こす可能性があります。

転移のない鼻腔内腫瘍の治療では、治療の選択肢としては放射線治療のみが適用になります。
放射線治療には、生存期間の延長を目的とした 積極的放射線治療と腫瘍の影響によりおこりうる臨床症例を緩和するため緩和的放射線治療というものがあります。

以下 積極的・緩和的放射線治療の方法とリスク・注意点

支持療法 いわゆる対処治療 ステロイドや抗痙攣薬などの使用

治療費の概算が続きます。

長文なのでまた後日書き足します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

るるジャ@ママ

Author:るるジャ@ママ
同い年の旦那君とMシュナのるる&ジャックと暮らしています。長男は名古屋、次男は静岡で社会人やってます(*^ー^)

毎日楽しく過ごしてきましたが2010年11月 ジャック7歳の時 鼻腔内腫瘍 腺癌がみつかりました。余命数ヶ月・・・・腫瘍に負けないように治療開始。完治はないけれど少しでも楽しい時間を過ごせることを信じて頑張ります。

ランキング参加中
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
4シュナいくつ??
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
るる&ジャックのHP
モラタメ!
新着情報
ブログ内検索
RSSフィード