スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療方法について

我が家も相当治療方法では悩みました。
私は最初 緩和的放射線治療を考えていました。
ジャックの場合診断でも 予後が悪いと書かれており放射線治療は完治ではなく延命のためとはっきり書かれていました。
1ヶ月の間離れているのも本当に辛いし週1回の通院で治療できるなら命の時間は短くなってもいいと思いました。

でも同じ病気のワンちゃんの闘病ブログを読むにつれ
鼻腔内腫瘍の怖さを思い知りました。

先生の診断では顔の変形については書かれていないのですが
鼻腔内にできた腫瘍で骨が溶け出し腫瘍が眼を押し出し膿みで鼻がもげ  
大量の出血、痙攣、呼吸困難・・・。
実際のワンちゃんの症状を見て絶句でした。

本当にQOLが低いのです。

治療によって少しの時間でも楽に過ごせるなら・・迷いました。

最後はジャックが積極的治療をやっても見込みがないのなら緩和的治療をする。と先生に告げました。

先生は確かに 治療の効果はやってみないとわかりません。
でも積極的治療をやる価値はあります。とおっしゃいました。

そして決めたのが積極的放射線治療。


私達が選んだ治療が本当にジャックにとって正しかったのかどうかは今も分かりません。
もしかすると辛いだけで効果はないのかも知れません。

それでもやっぱりかけてみたかった。
 








追記

私は放射線治療を皆さんにお勧めしている訳ではありません。
リスクもあります。ジャックも今これからが大変な時期になるかと思います。

完治のない病気・・・飼い主さんは愛犬にとって一番いい治療法を探して決めます。
悩んで悩んで決めると思います。

ジャックの経験が癌で苦しむワンちゃんのために少しでも力になれれば幸いです・・・。



以下 治療方法ついて・・・
放射線治療について

1積極的放射線治療法

無治療での鼻腔内腫瘍における生存期間中央値は約3ヶ月という報告があります。
また鼻腔内腫瘍の治療に積極的放射線治療を用いた報告では、生存期間中央値12~14ヶ月という報告があります。異なる報告であるため単純に比較できませんが、積極的放射線治療を行うことが生存期間の延長に有効であることが分かります。
積極的放射線治療法では、放射線照射は週3~5回(1回3~4Gy)、合計14~18回(40~54Gy)行います。
遠方の方はほとんどの場合、約1ヶ月の入院治療を選択されます。
治療を行わない週末などは、一時帰宅することができます。

2緩和的放射線治療法
ジャックちゃんの放射線治療法として、腫瘍の影響により起こりうる臨床症状を緩和することを目的とした緩和的放射線治療法というものがあります。
緩和的放射線治療は、腫瘍による諸症状を緩和することが目的であり、生存期間の延長は基本として期待できません。幸運であれば、腫瘍の進行を抑えることができるかもしれません。
また放射線治療によって症状緩和が達成できない可能性もあります。
どれほどの効果が得られるのかはやってみないとわかりません。

鼻腔内腫瘍に緩和的放射線治療法を用いた報告では、治療を実施した犬56頭中53頭で臨床症状の改善が認められました。また生存期間の中央値は放射線治療終了後7ヶ月という報告がありました。

緩和的放射線治療法では、1~2週に1回(6~8GY)基本的には通院で。合計で3~5回放射線の治療を行います。

※放射線治療のリスクと注意点
・積極的放射線治療は腫瘍のコントロールを目的としていますが治療に反応しない場合も考えられます。
・放射線治療の時も、短時間ながら全身麻酔が必要です。短時間であるため非常に稀ではありますが、全身麻酔を かける以上は命の危険性があることもご承知ください。
・放射線照射野に放射線やけどができることがあります。皮膚の糜爛等は時間とともに治癒しますが、脱毛はその ままになってしまうこともあります。
 また眼も照射野に入ってきますので結膜炎、眼瞼炎が起こる可能性があります。また放射線障害により白内障が 起きますので、失明します。
・幸運にも長期生存(数年以上)できた場合には、放射線照射部位に放射線が原因で新たな悪性腫瘍が発生するこ とや放射線の当たった骨が壊死することなどが稀(3%以下)にあります。
・放射線治療によって症状緩和が達成された後、数ヶ月以降に腫瘍の再増殖や自壊などが見られることがありま  す。条件が整っていれば、最後の放射線治療を行う事もありますが、対処療法を継続しなければならない場合も あります。

○支持療法
 この療法は、あくまで対処療法となります。例えば、腫瘍の影響による二次感染への抗生物質投与や、疼痛に対 する消炎剤の投与といったものになります。また腫瘍の進行により脳症状(発作など)が出た場合、抗痙攣薬や ステロイドを使用していくことになります。しかしながらこの治療法では、腫瘍自体を治療するわけではないの で、腫瘍の進行は続き、腫瘍による症状は進行していくと予想されます。

 治療費の概算

(放射線治療)
放射線治療(麻酔料を含む)        
 積極的放射線治療法 1回 20,000円 (合計約28~36万)
 緩和的放射線治療法 1回 35,000円 (合計約18万円)

 放射線治療位置決めプランニング (初回のみ)    
              積極的放射線治療法  50,000円
              緩和的放射線治療法  25,000円

 シュミレーション               20,000円
 CT検査 (最終日)              30,000円
 入院費                     3,000円/ 1日
 点滴、注射費用                 約5000円程度

 その他、症状等に応じて検査代や内服薬の代金が必要になる場合があります。
 合計金額はおおよそ 積極的放射線治療法では50~60万円、緩和的放射線治療法では20~30万円程度に なります。 

 
 以上が放射線治療・支持療法のついての説明文です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ジャックくん、明日また帰ってこれるね
少しずつ、腫瘍が小さくなる事を祈るばかりです
きっと願いは叶うよね

いつも一緒にお出かけしていたので
ジャックくんの事が頭から離れません・・・

こうやって記録された事をみてると
春にネオの時に獣医さんから時間とお金が
かかる事です、と言われたのを思い出します
でも、南先生のところに通える距離である事
るるジャままさんちからは
思ったよりも近いのでよかったです

1週間長かったよね
週末はゆっくり甘えさせてあげてね



ネオママさんへ

いつも心配してくださって本当にありがとう♪

1週間本当に長く感じます。
先生にもOKもらったので明日の朝イチでお迎えに行ってきます(^^)

放射線治療の効果は本当にやってみないと分からないけれど南先生のところへ通える所に住んでいるというのは治療を選べるだけでも幸運なんだと思います。

またいつかきっとネオくんたちと一緒にお散歩できる日がくると信じて頑張ります。
プロフィール

るるジャ@ママ

Author:るるジャ@ママ
同い年の旦那君とMシュナのるる&ジャックと暮らしています。長男は名古屋、次男は静岡で社会人やってます(*^ー^)

毎日楽しく過ごしてきましたが2010年11月 ジャック7歳の時 鼻腔内腫瘍 腺癌がみつかりました。余命数ヶ月・・・・腫瘍に負けないように治療開始。完治はないけれど少しでも楽しい時間を過ごせることを信じて頑張ります。

ランキング参加中
にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村
4シュナいくつ??
FC2カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
るる&ジャックのHP
モラタメ!
新着情報
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。